抜け毛の量が怖いのです

来る日も来る日も髪の毛がたくさん抜けて、「このままじゃいつか禿げるんじゃないか・・・」と不安があります。もちろんつるっぱげになるというそこまでの考えはありませんが、地肌が透けて見えるようになるんじゃないかと不安なのです。

髪の毛を洗う際にもたくさん髪が抜けて、指の間に抜けた毛が絡みつくのが気持ち悪くてどうしようもありません。抜ける前は自分の身体の一部であって大切な大切な髪の毛なのに、抜けた途端に気持ち悪いものに変化してしまうのです・・・。

髪を洗っている最中にも充分髪の毛が抜けているというのに、その後のタオルドライの最中にもまた髪が抜け、その後のドライアーで髪を乾かす際には洗面台を見るのも嫌になるほど髪が抜けるのです。これではいくらなんでも困ってしまうのです。

「1日に50本から100本くらいは抜け毛があっても異常ではない」という情報があるけれど、それを信じたとしてもこの抜け毛の量には辟易するばかりなのです。